So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)

 民主党の階猛(しな・たけし)総務政務官は28日の参院総務委員会で、小沢一郎幹事長の秘書だった衆院議員の石川知裕容疑者の逮捕に関し、「被疑事実がマスコミ報道と違う。政治資金収支報告書の記載漏れが逮捕に値することなのか、当然検証に値する」と述べ、検察の捜査に疑問を投げかけた。

 階氏は石川容疑者と同じ衆院当選2回で、18日に開かれた同期13人による「逮捕を考える会」に参加した。これらの行動が政府による検察への圧力ととられることを警戒した平野博文官房長官は出席した政務官らに活動自粛を求めていた。しかし、階氏はこの日の答弁で「検察は十分行政府のコントロールが及んでいないので、いろいろ検証すべきポイントはある」と、今後も政務官としてではなく一人の国会議員として検証を続ける考えを強調した。

 また、小沢氏のおひざ元の衆院岩手1区選出である階氏は「小沢氏は黙秘権があるにもかかわらず記者会見で説明した。検察も公衆の面前で説明した方がすっきりする」とも述べた。これに対し、原口一博総務相は「十分指導していきたい」と語り、階氏に自重を求める考えを示した。

鳩山首相 参院選後に省庁再編の意向(毎日新聞)
「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)
重野幹事長の続投決定=国対委員長は先送り−社民党大会(時事通信)
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策−文科省(時事通信)
FDA3号機はピンク、ネットアンケートで決定(読売新聞)

「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)

 平城遷都1300年を迎えた奈良県で奈良時代の味覚を楽しみたい。そんな要望に応え、葛城市の酪農家でつくる農事組合法人「ラッテ・たかまつ」で古代の乳製品「蘇(そ)」が生産されている。また、蘇を使ったキャラメルの新商品もラインアップされた。

 蘇は、古代の貴族がデザートや薬用に食したとされ、文武天皇4(700)年には作られていたことが文献資料で確認されている。平城京跡(奈良市)から出土した木簡などから、全国から献上されていたことも知られている。

 そんな古代の高級品を気軽に味わってもらおうと、ラッテ・たかまつ代表の高松久仁子さん(63)が、奈良文化財研究所飛鳥資料館などが文献資料から推定した製法で復元した。「ミルクを煮詰めるシンプルな製法ですが、仕上げに苦労しました」と高松さん。

 蘇はチーズにもたとえられるが熟成の工程がなく、発酵食品特有のクセはない。ミルクを凝縮した自然の甘味が広がり、上品な余韻が残る。

 昨年秋から4センチ角(700円)を販売しているが、一口サイズ4個入りも発売予定。蘇が入った最中アイス(1個300円)や今冬の新商品「大和茶の蘇入り生キャラメル」(7粒入り500円)も。大和盆地を見渡せる牧場近くの「山の喫茶店 夢ラッテ」で販売している。問い合わせは、ラッテ・たかまつ(電話0745・62・3953)。

【関連記事】
最高級チョコを使用 ローソンがチョコロールケーキを発売 
「女子ラーメン部」 素人目線で“付録”が“主役”
NYサーロインステーキ シンプルかつ豪快に食べる!
マック“独り勝ち”いつまで 淘汰始まるバーガー業界
チルドデザート市場、1.2%増見通し 内食回帰で6年連続プラス

「辺野古に基地造らせぬ」=稲嶺次期名護市長が決意強調(時事通信)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検(産経新聞)
東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)
連合内に「選挙協力」異論 小沢氏問題、影落とす(産経新聞)

公開初日、ニホンザル逃げる=下北半島出身、塀駆け上がり−上野動物園(時事通信)

 東京都台東区の上野動物園で24日朝、ニホンザル1匹がサル山から逃げ出した。青森県の下北半島に生息していたニホンザルで、同県むつ市から譲り受け、同日から一般公開を始めたばかりだった。
 同園職員が園内などを捜索している。
 上野動物園によると、午前9時半ごろ、非公開の施設からニホンザル23匹をサル山に移したところ、うち1匹が平均4.5メートルの高さがある塀を垂直に駆け上がり、サル山の外に逃げ出した。 

【関連ニュース
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用
国産か輸入、被接種者が選択可能=新型インフルワクチンで厚労省方針
本物が出るお化け屋敷?=26年の歴史に幕
凍死後、動物にかまれる?=駐車場遺体、近くの女性

刑事補償請求、来月4日に決定=横浜事件の免訴判決で−地裁(時事通信)
小沢氏に対する告発状受理 東京地検 (産経新聞)
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず(産経新聞)
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)

山崎拓氏「公認なければ離党」 引退報道は否定(産経新聞)

 自民党の山崎拓元副総裁(73)は25日、福岡市内の事務所で記者会見し、党執行部に求めている参院選比例代表での公認について「週内に回答が得られなければ離党し、何らかの形で立候補する」と述べた。

 離党後の対応については「どこかの政党(に入党する)か新党(を立ち上げる)かは白紙」と明言を避け、一部報道の「引退の意向」については否定した。

【関連記事】
「参院選対応、週内に決着」 引退報道に山崎拓氏
自民党「新生」のカギは谷垣総裁自身
谷垣総裁側近の2人が対立 ベテラン議員処遇問題
山崎、保岡両氏の非公認確認 自民の参院選候補
衆院落選組のくら替え出馬に強い不満 自民・谷川参院幹事長

小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか(J-CASTニュース)
<教員>質向上策見直しで文科省が意見聴取へ(毎日新聞)
<交通安全大会>年間スローガン 内閣総理大臣賞など表彰(毎日新聞)
小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取要請を応諾(産経新聞)
外国人参政権への反対明言=亀井氏(時事通信)

<神戸・女性不明>供述通り遺体発見…遺棄容疑で男逮捕(毎日新聞)

 神戸市の女性が行方不明になっている事件で、兵庫県警捜査1課などは22日夕、京都府綾部市西原町の山林から遺体を発見、「遺体を埋めた」と供述した大阪市北区本庄東1、無職、中西龍司容疑者(41)を死体遺棄容疑で逮捕した。行方不明になっているのは神戸市中央区八幡通1、中国語学校アルバイト講師、今滝愛さん(当時32歳)。中西容疑者らの供述から、県警は今滝さんは殺害されたと断定、殺人・死体遺棄事件として葺合署に捜査本部を設置した。23日、遺体を司法解剖して身元を特定する。

 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、遺体を捨てるのにかかわったと供述した無職男(37)と、同法違反罪で服役中の中国籍の男(41)の2人も死体遺棄容疑で逮捕状をとった。中西容疑者と2人は友人という。

 中西容疑者の容疑は、08年10月末〜11月初旬、遺体を遺棄したとしている。県警によると、容疑を認めているという。中西容疑者は今月20日、同署に出頭、「知り合いの男から頼まれ、遺体を別の男と一緒に埋めた」と供述した。中西容疑者と無職男は、今滝さんは同市兵庫区の雑居ビルの一室で殺害されたと供述し、中国籍の男が遺体の遺棄を指示、無職男が運転する車で運んだという。捜査関係者によると今滝さんは中国出身で02年来日。07年、日本国籍を取得した。【村上正、米山淳、重石岳史】

【関連ニュース
神戸・女性不明:知人が「頼まれ埋めた」 京都の山林捜索

センター試験「現代社会」設問に疑義 「外国人参政権容認」不適切の声(産経新聞)
<原口総務相>検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明(毎日新聞)
<センター試験>信州大で14分早くスタート 理科1(毎日新聞)
【風】増税は「喫煙者いじめ」?(産経新聞)
小沢氏聴取 「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念する民主(産経新聞)

<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)

 警察庁は21日、今月8日から15日(休日除く)にかけ、首都圏の4警察本部が電車内の痴漢を集中的に取り締まり、全39件で33人を逮捕、6人を書類送検したと発表した。新学期が始まり、学生を狙う痴漢多発を予想し、1日あたり約120人の捜査員を動員。被害者は、15人の女子高生を含め20歳以下が約54%を占め、中学生も含まれていたという。

 警察庁によると、逮捕・書類送検された39人(少年含む)の容疑別内訳は、電車内での強制わいせつ2人▽電車内での条例違反(痴漢行為)30人▽同(盗撮など)1人▽駅構内での刑法犯・条例違反6人−−だった。

 被害が発生した路線別では、JR中央線と高崎線、東急東横線が各3件で最多。全国で初めて痴漢対策用車内防犯カメラの試験運用を始めたJR埼京線、地下鉄の東京メトロ東西線、京王井の頭線、小田急線が各2件で、残りの16路線が1件ずつだった。通勤・通学のラッシュの午前7〜9時台が24件と最多で、全体の約62%を占めた。【千代崎聖史】

【関連ニュース
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
催涙スプレー:大手前大学で30人症状 学生数人がまく
児童買春容疑:護衛艦乗組員の海曹長逮捕 神奈川県警
千葉大生殺害:別の強盗傷害容疑などで無職の男を再逮捕

鳩山首相、普天間移設「米国とすり合わせる」(産経新聞)
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳(産経新聞)
ハイチ支援で連携=日アルゼンチン外相(時事通信)
【十字路】奈良・西大寺の名物行事「大茶盛式」(産経新聞)
<火災>ラーメン店半焼 客死亡 埼玉・越谷(毎日新聞)

<通常国会>野党、日程協議に応じず(毎日新聞)

 18日召集された第174通常国会は、民主党の小沢一郎幹事長の元秘書、石川知裕衆院議員らの逮捕を受け、野党側が「政治とカネ」を巡って攻勢を強めている。政府・与党は21日から衆院予算委員会で09年度2次補正予算案の審議入りを目指しているが、野党側は日程協議に応じる姿勢を見せず、審議のめどは立っていない。

 18日は菅直人副総理兼財務相が財政演説を行った。19日に衆院で代表質問を行い、20日に参院で行う予定。民主党は質問を見送る。

 政府・与党は今後、21日から衆参予算委員会をそれぞれ3日ほど行い、28日に2次補正予算成立、29日に首相の施政方針演説など政府4演説、2月から10年度予算案の審議に入り、3月中に予算を成立させたい考えだ。だが、18日の衆院予算委理事懇談会では、与党側が「21日の審議入り」を強く求めたのに対し、野党側は鳩山由紀夫首相や小沢幹事長の「政治とカネ」の集中審議などを要請。物別れに終わった。19日に再度協議する。【鈴木直、野原大輔】

【関連ニュース
通常国会:「政治とカネ」最大焦点に 予算審議に影響も
党首討論:補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ
通常国会:18日から150日間 「政治とカネ」野党追及
政府・民主党:通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢
閣僚懇:異例2時間 問題意識を共有

「被害受ける人に力を」=水面下の苦労大切に−博識、速い決断、池田・新警視総監(時事通信)
「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同(産経新聞)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件−甲府地裁(時事通信)
<長崎・漁船不明>海底の船の映像、不明者家族らに公開(毎日新聞)
「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)

<民主党>検察と対決「捜査情報漏えい対策チーム」設置(毎日新聞)

 民主党は18日の役員会で、小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入を巡って元秘書の石川知裕衆院議員らが逮捕された事件を踏まえ、党内に「捜査情報の漏えい問題対策チーム」を設置すると決めた。検察側が捜査を有利に進めようと報道機関に対し情報操作をしているとみて調査するとともに、通常国会で野党側の追及に対抗する狙いがある。

 検察の捜査に「全面対決」姿勢を示す小沢氏への側面支援と言えるが、捜査へ及ぼす影響や、取材・報道の自由の観点から論議を呼ぶ可能性もある。政権与党の立場で検察との対決姿勢を強める形となり、党として事件の責任を負うことにもなりかねないため、党内に慎重論もくすぶる。

 民主党の高嶋良充参院幹事長は役員会で「検察側が情報をリークし、報道などを操作している恐れがある」として、チーム設立を提案、了承された。責任者は元検事の小川敏夫広報委員長が務め、弁護士資格を持つ議員ら3〜4人で編成する。報道などをもとに「情報源」の特定や、検察側の情報操作の実態を調べるという。

 党執行部には小沢氏に近い議員が多く、党幹部は「小沢氏は潔白であるにもかかわらず、検察が事件にかかわっているかのように情報をリークし、世論誘導している」と指摘した。【高山祐】

【関連ニュース
輿石参院議員会長:「政権公約実現、国民に対する使命」
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
小沢幹事長:厳戒態勢のなか長崎で集会に出席
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
民主党大会:異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮

<川端文科相>団体が無償事務所費計上(毎日新聞)
<大寒>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
首相動静(1月16日)(時事通信)
取材で個人の郵便物を盗み見=TBS系番組の制作会社(時事通信)
東京・新橋で火事 15棟延焼中(産経新聞)

<藤田まことさん>仕事を再開(毎日新聞)

 慢性閉塞(へいそく)性肺疾患などでドラマを降板、治療に専念していた俳優の藤田まことさん(76)が15日、時代劇専門チャンネル(CS放送)の特別番組「必殺を斬る」(4月5日放送開始)のナレーションで仕事を再開した。

【病気の一報】藤田まこと:慢性閉塞性肺疾患で「JIN」降板 「断腸の思い」新門辰五郎役は中村敦夫に

 昨年11月に体調不良が発覚。1カ月間、入院治療していた。特別番組は関係者たちの証言を基に、必殺シリーズの魅力に迫る内容。代名詞と言える中村主水の語りでナレーションを収録した。3月にはドラマの収録が控えているという。【中村一成】

【関連ニュース
はぐれ刑事純情派:通算444本 20年の歴史に幕 安浦刑事の原点、最終回で明らかに
はぐれ刑事純情派:最終回スペシャル 関西で視聴率21.7% 「すべらない話」は18.8%
香取慎吾:自宅療養から復帰 9日の生放送で
林家こん平さん:5年半ぶりの定席復帰 「大トリ」で登場

離婚めぐり逆恨みか=犠牲者は計3人に−死亡の容疑者・大阪居酒屋発砲(時事通信)
「西松事件で証拠隠し」=石川議員元秘書、自民会合で証言(時事通信)
電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト(産経新聞)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)

政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)

 政府税制調査会が月内に設置する外部有識者による専門家委員会の座長に、神野直彦関西学院大教授を起用する方向で最終調整していることが13日、分かった。税調が週内にも開く全体会合で決定する。専門家委員会は中長期の税財政の課題を議論し、税調は委員会の助言を生かして、税制抜本改革に向けた工程表づくりに着手する。

 専門家委員会は学識者中心に10人程度で構成する予定。税額控除を受けにくい低所得層に手当を支給する「給付付き税額控除」の導入▽消費税の使途を社会保障限定する目的税化▽納税者番号制の導入など、民主党が掲げる新しい税制の実現に向けた具体的な検討を進める。政府税調は年末にまとめる11年度税制改正大綱や、今夏の参院選マニフェスト(選挙公約)に議論を反映させたい考えだ。

 神野氏は税財政が専門で東大経済学部長などを経て、09年4月から現職。政権交代で09年10月に廃止された旧政府税制調査会では会長代理を務めた。控除中心の税制を改革し、手当中心の税制への転換を訴えるなど民主党に近い主張を展開している。【赤間清広】

【関連ニュース
<税金の話題>政府税調:税制改革、本格検討へ
<税金の話題>税制改正大綱:租特見直し不発 抜本改革議論深まらず
<税金の話題>税制改正大綱:増税9800億円 たばこ1本5円上げ
<税金の話題>政府税調:住宅取得対象の贈与税、非課税枠1500万円に
<税金の話題>10年度予算:税外収入11兆円台で最終調整

替え玉で免許証切り替え スリランカ人の男2人逮捕 警視庁(産経新聞)
普天間、政府方針を説明=岡田外相が米国務長官に(時事通信)
<在宅酸素療法>過去6年間に26人死亡…厚労省が注意(毎日新聞)
大久保容疑者、公判延期の見通し 検察側申し入れへ(産経新聞)
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。